いつの間に亜さぬ間に

部屋と男とYシャツと泪と私

ダイエットとエネルギー問題

仕事の帰りに、フィットネスクラブのガラス越しに、ランニングマシンで走っている方を見かけた。

あ~私も最近太ってきたのでダイエットを考えないとと反省をし、帰宅してフィットネスクラブにはどれくらいの費用がかかるのか調べてみた。

 相場的には5,000円~8,000円といったところ。

 

冷静になって考えてみた。私が太ったのは間食のとりすぎ、夜食などであり、お金をかけてその余ったエネルギーがこの皮下脂肪となっているわけである。

それをまたお金をかけて落とそうとしてしまっているわけである。

 

そこで思いついたのが、このエネルギーをお金に戻すことはできないものなのかということ。

 

そういえば知人が家を建てた時、屋根にソーラーパネルを付けたが、余った電力は電力会社に売ることができるとのことだった。変動するが毎月約1万円の黒字だとか・・・

 

ここで思いついたことが、エルゴメーターなどに充電器を付け、ダイエットをしながら脂肪を電気に変え、それを電力会社に売れないものなのか?

 

このエルゴメーター&充電器、エコとダイエットをキャッチフレーズにして商品化すると売れるのではないだろうか?