いつの間に亜さぬ間に

部屋と男とYシャツと泪と私

スルメイカどこにも売ってないよ!真イカの一夜干し醤油漬けの作り方

スルメイカが近年、歴史的不漁とのことだ。

f:id:hitree:20170528153000j:plain

※写真は真イカの一夜干し

 いつもスーパーでスルメイカの一夜干し真空パックを500円程度で購入、あぶって酒の肴にしていたが最近そんな時間的余裕もなかった。

スルメイカといえばイカの中で一番安い。不漁とはいえ、スーパーに置いてあるだろうと行ってみるとない。計6件のスーパーになかった。

三越の地下に行くと店頭にないので、店員さんに聞いてみると、真イカはあるとのことで出してきてくれたのが上の写真。1,080円で購入。(やっぱりアレですか、聞かないと出さないってスルメイカ不漁の影響ですかいな?買い占められたりするのを避けるためかいな?)

 さて、これをあぶっても良いのだが、醤油漬けにしてみようと思う。

イカは横に切ると、噛んだ時に旨み成分が出ない。縦切りにする。

f:id:hitree:20170528153247j:plain

ゲソは1本1本そのまま。

タッパに入れ、醤油を注いで2日漬け込む。

f:id:hitree:20170528153342j:plain

真っ黒になったら出来上がり~早くできないかね。

唐辛子とマヨネーズを付けて食べれば調理したくないめんどくさがりの人間でも作りたくなるよ。

発酵するのか、非常に味わい深くなる。

まだできてないんだが・・・・

さて、なぜスルメイカが不漁なのかまとめてみた。

※出展:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170526-00050099-jbpressz-life

  • 1996年には40万トンの漁獲量が、現在7万トン。函館市はイカの輸入数量を制限する輸入割当制度の弾力的運用などを国に要望したそうだ。
  • 2010年から5年間、冬から春にかけて寒冷化し、漁獲量の減少が続いたという。
    イカは暖かい場所で育つ。
  • 低気圧の配置変化により、冷たい北風の影響で幼生イカが生存しづらくなった。
  • 気圧配置変化の原因は北極の氷が溶けている影響。「北極の氷が減ると、海の面積が増える。そこに太陽光が射し込んで、冷たい空気が吐き出され、亜寒帯循環に影響を与えているのではないか」とのこと。
  • 大陸付近の日本海で中国のものとみられる船が増えていることも懸念する。とくに産卵前の親イカまで獲られてしまうと、幼生の数は当然ながら減ってしまう。「科学的な実証はできないが、その影響もあるのではないか」。

スルメイカさんは寒さに弱いってことね。

スルメイカというものは、結構食べている方も多いのではないだろうか?

日本人の食卓によく並ぶスルメイカ、復活を切に願う。

見つけた方は即買いですよ、即買い!

ん~真イカで作ったけどスルメイカで作りたかった。美味しいのかな?

※真イカとはスルメイカのことだと調べていて分かった。良かった良かった一件落着だよ~